EvernoteクライアントをDebianに

メモ書きツールとしてEvernoteを使用してみようと思いアカウントを作成したが、いちいちブラウザでサイトを開くのはバカらしい。クライアントソフトもあるが、Linux版が無かったのでwineでWindows版を入れることにした。

ダウンロードしたら、wineのファイルマネージャを開いて落としたexeをクリックして機動するとインストーラが走り完了。起動してみるが日本語化されていなかったので、このサイトからpatchを入手して実行してみた。

メニューはちゃんと日本語化されている。メモの部分はフォントを指定してあげれば日本語も大丈夫だが、メモタイトルは化けている。

タイトルが化けているのでは不完全ということで、wineのフォントの設定を見直す。このページが役に立つ。

tahoma.ttfとtahomabd.ttfがダメダメらしい。これらを削除したりすれば下のイメージのようにタイトルもちゃんと日本語表示される。(入力も問題ない)

Linux版が正式にでるのが良いのかもしれないが、今のままでも十分使える。メモさえ簡単に書ければそれでいいのだ。(下の画像はタイトルのフォント修正を直す前のイメージ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。