EvernoteとEye-Fi

2009年 11月 28日

Evernoteを使い始めたこともあり、便利に使うためにEye-Fiを購入してみた。

自宅は無線LANなので普段使っていないコンパクトデジカメにEye-Fiを挿入して、そのまま撮影するとEvernoteへ自動的に転送される。なんとも素晴らしい。

値段としても8000円を切っているので、そんなに冒険感覚でなく試せる。

これなら、例えば名刺なんかを撮影するだけでEvernoteへ登録されるので面倒な作業なしに管理できる。シャッターを押して数秒後にはEvernoteに登録されていた。

かなり便利になること間違いなしだ。

 

広告

EvernoteクライアントをDebianに

2009年 11月 21日

メモ書きツールとしてEvernoteを使用してみようと思いアカウントを作成したが、いちいちブラウザでサイトを開くのはバカらしい。クライアントソフトもあるが、Linux版が無かったのでwineでWindows版を入れることにした。

ダウンロードしたら、wineのファイルマネージャを開いて落としたexeをクリックして機動するとインストーラが走り完了。起動してみるが日本語化されていなかったので、このサイトからpatchを入手して実行してみた。

メニューはちゃんと日本語化されている。メモの部分はフォントを指定してあげれば日本語も大丈夫だが、メモタイトルは化けている。

タイトルが化けているのでは不完全ということで、wineのフォントの設定を見直す。このページが役に立つ。

tahoma.ttfとtahomabd.ttfがダメダメらしい。これらを削除したりすれば下のイメージのようにタイトルもちゃんと日本語表示される。(入力も問題ない)

Linux版が正式にでるのが良いのかもしれないが、今のままでも十分使える。メモさえ簡単に書ければそれでいいのだ。(下の画像はタイトルのフォント修正を直す前のイメージ)


WebPage subset or HTML Widget

2009年 11月 21日

またまた美人時計もの。KDE4ではplasmaのウィジェットで美人時計をデスクトップ表示させている。plasmaウィジェットはダウンロードして追加することができるが、WebPage subset or HTML Widgetというものがあったのでインストールしてみた。

このウィジェットはURLのバーが隠れておりスッキリと収まるので見た目がいい。ただ、美人時計の場合はJavascriptで画像を切り替えていくので、Auto Refreshを行う必要が無いのだが、この機能を解除することができないのが残念。

Auto Refreshの秒数を果てしなく大きく設定しておくことにする。


デスクトップへ美人時計を その3

2009年 11月 15日

随分と前にデスクトップへ美人時計を表示させる投稿をしたが、環境をアップグレードしたので今の環境でどんな感じかをアップしてみる。

使用しているツールはKDEのウィジェットでシンプルブラウザだ。昔はできなかったが、表示するページ自体を縮小表示させることができるので好みの大きさで配置することができる。ウィジェットのテーマを透明なものに変えればデスクトップに張り付いているように見える。

こんな感じになっている。

この美人時計だが、写真はどのくらいで変わっていくのだろう?頻繁に変わってくれた方が楽しいのだが、スタッフは大変か。(笑)

 


Go Language

2009年 11月 14日

Googleが言語を出したというので入れてみた。

Goとかいう名前らしい、ここから入手してコンパイルする。コンパイル自体はすんなりと終わり、コンパイラとかできたのはいいが、名前がなんともいただけない。8aとか8gとか8lとかって何だよ?覚えられません。

サンプルのhello.goを8gでコンパイルして8lでリンクする。出来た実行プログラムは8.outときた。

snap13

取り合えず入れてはみました。良く解っていないがいい言語になることを期待します。

 


pl/sqlのドキュメント生成

2009年 11月 1日

最近、pl/sqlのコードを書いてみたりしているが、ドキュメントの生成も欲しいところ、探すとPLDocというものがあったのでちょっと試した。

javadocと同じ感じで使用すると、ドキュメントをちゃんと生成してくれた。

snap10この手のツールはあると非常に助かるが、pl/sqlのようなOracle社しかエンジン開発しないような言語は初めからOracle社として用意すべきではないだろうか?

いつかこの手のツールがOracleに標準装備されることを期待する。