Emacs23に乗り換え

Emacs22から常用するバージョンをEmacs23へ上げてみる。このバージョンはちゃんとフォントのアンチエリアスがかかり表示がやさしくなる。Emacs22と比べてみれば一目瞭然だ。

Emacs22の表示

Emacs23でのアンチエリアス有り

随分前にEmacs23のアンチエリアスは試してみたが、その時は表示は良くても日本語入力などに問題があり実用的ではなかった。久しぶりに試してみるとAnthyもちゃんと動いている。これなら十分実用に耐えられるだろう。

自分の環境は、Debianなので、sources.listへ以下を追加

#emacs23
deb http://emacs.orebokech.com sid main

公開鍵を利用できないとか言われてしまったら登録してしまおう。

# gpg --keyserver hkp://subkeys.pgp.net --recv-keys A20376BEC03C56DF
# gpg --export -a A20376BEC03C56DF | sudo apt-key add -

続いてインストールだ。

# aptitude update
# aptitude install emacs-snapshot

起動は、emacs-snapshotと入力すれば起動する。まだ開発版のスナップショットだからemacs23じゃない。

因みに、emacsへの日本語入力が、anthy-elへ直接渡らない場合には.Xresourcesへ以下を追加すればEmacsの場合はanthy-elで処理させることができる。

Emacs*useXIM: false
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。